『極太!!思想家列伝』を読んだ

読んだ本 『極太!!思想家列伝』石川忠司 ちくま文庫

本を読みたくなる評論。

ぐいぐい来ました。

評論の対象となっていた中で私が知らない(読んだことがない)もので、読みたくなったのは ・ゴーゴリ『狂人日記』

・井伏鱒二『へんろう宿』『掛持ち』『りんどうの宿』

・宮崎市定(調べてみると論語関係の本やらが出ているみたい) といったところか。

永井均『これがニーチェだ』に続いて読んだ。

たまたまだったけど、ニーチェとの近縁性を感じた。

ついでにいうとその前に読んだのが斎藤環『生き延びるためのラカン』。

人間が言語により宿命づけられている存在だという視点はラカン。

更に言うと、言語の問題ではその前に読んだ池谷裕二『進化しすぎた脳』とも絡んでいる。

うまく整理したいけど、できないな。

頭が悪い。

キーワードは ・言語 ・ニーチェ ・唯物論 ということになる。

これはゆくゆく整理して考えるけれど、

とりあえず言語についてじっくり考えつつ次の本を読みます。

しかしこの本、とてもグルーヴ感があって、行っちゃってます。

自分が文章を書くきっかけになる本だという気がしてます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク