『となりのカフカ』でカフカを好きになる

池内紀

聞いたことのあるタイトルだな、と思って考えていて、ひとつはとうぜん『海辺のカフカ』なのだが、もうひとつは『となりのトトロ』だったのね。
この本はカフカについて知るための「初級クラス」の本だという。

しかし、密度が濃くて、じゅうぶんにカフカのことを知ることができる。
カフカって、小説を読んで感じるよりずっとまともな、しかもふつうの人だったのだなあ、と思う。

いろいろ悩んでいるし。

カフカはとても優秀なサラリーマンだった。保険会社に勤めていて、よくしごとができた。
カフカは父親とうまくいかなかった。
カフカはオートバイやら機械が大好きだった。
カフカは健康ランドに行っては恋に落ちていた。
カフカは好きになった女性に、しつこく手紙を書きまくった。

まるでストーカーのように。なんで返事をくれないのだ、とまで手紙を書いて。
カフカは意外と遊び人だった。
カフカはユダヤ人だったが、ちょうどユダヤというものがヨーロッパで特異に見られる直前に生きていた。
カフカは終生独身だったが、とはけっこうつき合ったし、婚約もしたりはした。破棄したけど。

小説を書きたかったから結婚を選べなかった。
カフカは日記に小説の断片を書いた。
この本を読み終わると、完全にカフカのことが好きになった。
似ているなあ、文学的な情熱と才能を除けば。

あと、優秀なサラリーマンであるところも違うか。
厳密に言うとみな違う。
だけど、ある意味とても現代的な男だったのだ。
カフカより長生きしてしまったよ。
カフカ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク