『聖少女』を読んだ

倉橋由美子

倉橋由美子は『パルタイ』や『スミヤキストQの冒険』を何度か読んだ、好きな作家だが、どういうわけかそれ以上読まなかった。
松岡正剛さんが「千夜千冊」でこの小説を取り上げていたのが読もうとしたきっかけである。つい最近新潮文庫で復刊されていたのでさっそく読んだ。

とにかく、テーマは重いのだが、小説としておもしろいのである。
風俗や会話、比喩が近親相姦というテーマと相俟って、小説の面白さを作っている。
のちの金井美恵子と同じような事をやっているようにも思えるし、松岡正剛が言っているとおり、村上春樹の小説の語り口、アプローチにも似ている。

それにしても主人公の一人である「ぼく」の情けなさと言ったらないが、私自身のことを書かれている、と女性の作家の小説で思ったことはなかったので、二倍どきりとした。