『ミラーズ・クロッシング』

コーエン兄弟制作

 

禁酒法時代のある街のマフィアの抗争の映画。
と言ってもそんなに重厚な映画ではない。
二人のマフィアの親分の権力争いを戯画的に描いていて、その中で切れ者の主人公が渡り合いながら生きていくという話。
主人公のトムは頭が切れるけれど、どこか行き当たりばったりでやっている部分もある。
結果的にうまくは行っているけれど。
だけど人生ってそんなもので、計画通りに行かないときにどのように振る舞ってその場を乗り切り次に繋げていくか、という繰り返しなんだろう、という感想を抱くことになる。
それがコーエン兄弟っぽいリアルさだ。
なにより彼らの他の映画同様、映像が美しい。