音楽を聴こう

数日前Amazonから「以下のおすすめ商品は、お客様がこれまでに購入された商品、または既にお持ちの商品に基づいて紹介させていただいています。」というよくあるメールが来ました。

おすすめ商品はGewandhaus Quartettの『Beethoven: The String Quartets Box set』(¥1,999)と馬の骨の『馬の骨』(¥2,769)。

ふだんはこういったセールスメールに反応することはないのですが、ベートーヴェンの弦楽四重奏ボックスに興味を持ってしまいました。

と言っても、ベートーヴェンなんて交響楽の有名どころくらいしか知りません。

このメールを見たとき、オーケストラじゃなく、もう少しこじんまりとしたクラシックを気楽に聴きたいなあ、と思ったのです。

そういえば、ここのところ全く音楽、特にクラシックを聴いていないことに気づ来ました。

聴いてないなあ、音楽。

聴きたいなあ、音楽。

Amazonのレビューを見てみるとそれなりに評価は高い。

10枚組で1,999円なら騙されてもいいや、と買うことにしました。

本を読みながら、餃子を作りながら、競馬の予想をしながら曲名もわからず、ただ聴き流しています。

気持ちがいい。身体のぎしぎしがなくなるし、肩の凝りが取れるような気がする。

音楽ってやはり心というより身体に必要なものなのですね。

しばらく開けていなかったCDの棚から村上春樹さんに教えてもらった内田光子のCDなど何枚か引っ張り出してきて聴き始めています。