映画など

スポンサーリンク
NO IMAGE 映画など

『ひまわり』

ヴィットリオ・デ・シーカ監督 学生の頃に見たが、ヘンリー・マンシーニの音楽と、戦争による悲劇、というキャッチフレーズ的な記憶しかなかった。 改めて見てみると、映画のテンポの良さに驚く。 だらだらと悲しい悲しいと言っている映...
NO IMAGE 映画など

『夜の大捜査線』

ノーマン・ジュイソン監督 音楽がかっこいい、と思ったら、主題歌はレイ・チャールズで、音楽はクインシー・ジョーンズだった。 シドニー・ポワチエ演じる敏腕刑事がかっこいい。 よそから来た敏腕刑事と、元々いる署長が反発し合いながら、いつ...
NO IMAGE 映画など

『マダムと女房』

五所平之助監督 郊外の家に引っ越してきたが、雑音のせいでなかなか執筆に集中することができない劇作家。かまってほしいがためにわざと騒音を出す女房。ある日、大音量で音楽が鳴り響く隣の家に抗議に行く。その家に住んでいる洋風のマダムにすっ...
NO IMAGE 映画など

『グッバイ、レーニン!』

ヴォルフガング・ベッカー監督 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より) 激動した時代の東ドイツが舞台の、優しくて哀しいコメディ。熱心な社会主義者で愛国心の強い母親が、心臓発作で昏睡状態に陥ってしまう。奇しくもその直後にベル...
NO IMAGE 映画など

『眺めのいい部屋』

ジェームス・アイボリー監督   E・M・フォスターの同名小説を映画化した名匠ジェームズ・アイボリー監督の出世作。20世紀初頭、まだ封建的思想の色濃いイギリスの名家の令嬢ルーシー(ヘレナ・ボナム・カーター)は、フィレンツェ旅行に赴い...
NO IMAGE 映画など

『偶然の旅行者』

ローレンス・カスダン監督 私は旅行しなくても旅行のためのパッキングがとても好きなので、冒頭の旅行の荷物についての解説部分から一気に引き込まれてしまいました。 優柔不断な男が主人公、というだけですっかり自己嫌悪状態で見たけれど...
NO IMAGE 映画など

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』

押井守監督 伝説的な名作とされているらしいこの作品をようやく見ることができました。 時間と夢についてのいわば思弁的な映画といえるのでしょう。 筋などについてはある程度予備知識としてわかっていたとはいえ、見てみるとかなりのイ...
NO IMAGE 映画など

『時をかける少女』を見る

細田守監督 大林宣彦版をリアルタイムで映画館で見た世代としてはアニメは見づらいところだったが、評判がいいので見た。 これはよかった。 大林版がいいと言っても、若いときに見たものは素晴らしいと刷り込まれているわけで、このあい...
NO IMAGE 映画など

『フラガール』を見た

李相日監督 評判がよかった映画をいまさら見た。 よくできている映画で、おもしろかった。 蒼井優をCM以外で見るのは実は初めてなのだが、上手だし、かわいいね。 筋は何だかむりしていたり破綻しているところもあるのだが、映画も小説も破綻し...
NO IMAGE 映画など

『チャーリーとチョコレート工場』を見る

ティム・バートン監督 すみません。 私にはまったく合わない映画みたいでした。 結末がどうなるのか、ということだけを頼みに最後まで見たけれど、それだけ。 なぜ合わなかったのか、ということはたぶん このあいだ、ほぼ日で糸井重...
スポンサーリンク