ダービーウィーク

第79回優駿牝馬(オークス)は、一番人気アーモンドアイが快勝し、桜花賞に続いて牝馬二冠を制しました。
そして、来週はいよいよ第85回東京優駿(ダービー)です。
ホースマンのカレンダーは、ダービーの週が期末です。
ダービーが終わると、新馬戦も始まり新しい「年」を迎えることになります。
競馬好きは「ダービー」と「有馬記念」で二度の年末を味わえるので得だ。

私がダービーに初参戦したのは1985年第52回から。
その年のダービーを制したのはシリウスシンボリでした。
私の記憶をたどる限り、私がダービーを制したことは一度もありません。
33連敗。
死ぬまでに一度でいいからダービーを勝ちたいなあ。
柴田政人現調教師は騎手時代に悲願だったダービーを、43歳で制覇しました。
ダービーはおじさんしか勝てない、といわれたこともありました。
だけど、年齢ではもうあの頃の柴田政人をはるかに追い抜いてしまったなあ。
政人にならってこう言います。
ダービーを勝ったら、競馬をやめてもいいです。

うそです。

ZABAさんの持ち馬「キタノコマンドール」も有力馬として登場します。
一頭とても強い馬がいますが、休み明けということもあり逆転のチャンスもありそうです。
一週間じっくり考えて「日本ダービーを勝ったまだおべつおです」と言えるようにがんばります。