日記を読み返すために、日記システムを見直す

現在まで私が日記をつけているのは「DayOne」というアプリです。

Mac、iphone、ipad、Apple Watchそれぞれにアプリがあり、デバイス間でスムーズに同期します。

記録には位置情報も残すことができます。

もちろん、写真も残すことができます。

 

先日『日記の魔力』を読み、あらためて『日記のすすめ』も読み直してみました。

どちらの本でも強調されているのは、書いた日記を読み返すことの意義。

自分を理解し、自分のためのマニュアルになるといっています。

「Day One」はこまめに記録しやすいアプリです。

しかし読むとなると、エントリーごとに最新のものから時系列に並んでいき、一覧性に欠けます。

文章を読む、という感じにはなかなかなれません。

読みモードにもっとヴァリエーションがあればいいのですが。

 

もっと読み返したり、特定の項目を抽出しやすいアプリを使いたいという気がします。

写真が使えることが望ましいですが、絶対的な条件ではありません。

写真は写真で日記とは別に、時系列に並んでいればあとでわかるのですから。

「Ulysses」、「Bear」、「Evernote」、それに「Dynalist」のいずれかだろうなあ。

 

写真がさくさく記録できるのは「Evernote」。

しかし、動作がもっさりしているのが不満です。

 

「Ulysses」「Bear」はテキスト重視。

ある意味、日記らしい日記かもしれません。

一応写真は貼れるし、「Bear」はアプリで写真も撮れる。

 

「Dynalist」は箇条書きなので、読み返したときに読みやすいかどうかは疑問。

しかしごりゅごさんが、バレットジャーナル的に使用しているのをみるとおもしろそうだなあ。

iPhoneからでも「Dynawrite」というアプリを使うと、時間とか位置情報込みで「Dynalist」に送信ができます。

これは便利。

写真をあとで貼り付けることになるのですが、それが続けられるかどうかというところがポイント。

 

とりあえず「Dynalist」で今日から日記を書き始めてみました。

続くかなー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク