スポンサーリンク
NO IMAGE Book

『族長の秋』

ガルシア=マルケス 皷直訳 この本はたしか高校生のときに図書館で借りて読んだ記憶があるのだが、きちんと読んだ、という記憶がない。 ただ、すごいぞすごいぞ、と思いながら読んだことを覚えている。 今回読み返してみたら感想は、す...
NO IMAGE Book

『いつかソウル・トレインに乗る日まで』

高橋源一郎 高橋源一郎の新刊。 全然出たことを知らなかったので、あわてて入手。 装丁はかっこいい。 帯には「著者初の、そして最後の超純愛小説。」と書いてある。 『ノルウェイの森』の帯は「100パーセントの恋愛小説」だった。...
NO IMAGE Movie

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』

押井守監督 伝説的な名作とされているらしいこの作品をようやく見ることができました。 時間と夢についてのいわば思弁的な映画といえるのでしょう。 筋などについてはある程度予備知識としてわかっていたとはいえ、見てみるとかなりのイ...
NO IMAGE Book

『エマ』

ジェーン・オースティン 工藤政司訳 主人公のエマのことがとにかく好きになれなかったのだが、倉橋由美子や丸谷才一やらがオースティンのことを誉めていたから、きっとどこかで私もエマのことが好きになるのだろう、と思いつつ読んだけれど、...
NO IMAGE Book

『あたりまえのこと』

倉橋由美子 倉橋由美子が小説について書いているということを知ったのでこの本を手に入れた。 厳しいです。 金井美恵子よりもストレートにばっさばっさと切り捨てる。 解説で豊崎由美さんが引用しているけれど、『ノルウ...
NO IMAGE Book

『フリアとシナリオライター』

マリオ・バルガス=リョサ 野谷文昭訳 とにかくおもしろくて、ひたすら読んだ。 ラテンアメリカ文学といえば、ガルシア=マルケスなどのこってり風味の難解さがまず連想され、バルガス=リョサも同じかな、と思っていた。 この小説は読...
NO IMAGE Book

『西瓜糖の日々』

R・ブローディガン(河出文庫) 不思議な感じだけれど、懐かしい世界を描写した小説。 詩みたい。 読むとっかかりがないとうまくはいっていけなかったので、柴田元幸の解説を読んだら、ある程度合点がいった。  もっというなら、こ...
NO IMAGE Book

『臈たしアナベル・リイ総毛だちつ身まかりつ』(『美しいアナベル・リイ』)

大江健三郎 (『美しいアナベル・リイ』に改題されています) 続いて大江健三郎の小説で、買ったまま積んであったこの本を読んだ。 『さようなら、私の本よ!』に較べると小振りな小説だが、もちろん語り口はいつもと同じ私小説に似...
NO IMAGE Book

『さようなら、私の本よ!』

大江健三郎 大江健三郎は『ピンチランナー調書』を高校を中退してぶらぶらしているときに読んでから、新刊が出るたびに買って読み続けてきた小説家だ(ただし小説に限る)。 この本も三年前にすぐ買ったのに、まったく読めないまま今に至っ...
NO IMAGE Movie

『時をかける少女』を見る

細田守監督 大林宣彦版をリアルタイムで映画館で見た世代としてはアニメは見づらいところだったが、評判がいいので見た。 これはよかった。 大林版がいいと言っても、若いときに見たものは素晴らしいと刷り込まれているわけで、このあい...
スポンサーリンク