スポンサーリンク
NO IMAGE Book

『柴田さんと高橋さんの小説の読み方、書き方、訳し方』

柴田元幸 高橋源一郎 柴田さんと高橋さんの対談集と聞いたらそれは読まずにいられまい。 柴田さんが大学までそんなに小説を読んでいなかった、という話に驚き、高橋さんが大江健三郎のことを「大きい狂気を抱えている人」と評したことに、...
NO IMAGE Movie

『グッバイ、レーニン!』

ヴォルフガング・ベッカー監督 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より) 激動した時代の東ドイツが舞台の、優しくて哀しいコメディ。熱心な社会主義者で愛国心の強い母親が、心臓発作で昏睡状態に陥ってしまう。奇しくもその直後にベル...
NO IMAGE Movie

『眺めのいい部屋』

ジェームス・アイボリー監督   E・M・フォスターの同名小説を映画化した名匠ジェームズ・アイボリー監督の出世作。20世紀初頭、まだ封建的思想の色濃いイギリスの名家の令嬢ルーシー(ヘレナ・ボナム・カーター)は、フィレンツェ旅行に赴い...
NO IMAGE Book

『できそこないの男たち』

福岡伸一 けっこうショッキングな本でした。 この本は生物の基本仕様は女性であって、男性は必要上その基本仕様をカスタマイズされたものである、ということを説明する。  これまで見てきたとおり、生物の基本仕様(デフォルト)として...
NO IMAGE Movie

『偶然の旅行者』

ローレンス・カスダン監督 私は旅行しなくても旅行のためのパッキングがとても好きなので、冒頭の旅行の荷物についての解説部分から一気に引き込まれてしまいました。 優柔不断な男が主人公、というだけですっかり自己嫌悪状態で見たけれど...
NO IMAGE Book

『幕末史』

半藤一利 歴史について語る本についてはどんなものだってバイアスがかかっているのに違いありません。 語るという行為はたぶんどうしようもなく好き嫌いを現してしまうのです。 したがって、その語りを受け取る側もひょっとしたら違うぞ...
NO IMAGE Book

『現実入門』

穂村弘 この本については前からおもしろそうだなと思っていました。 なんといっても、わたしじしんが現実から逃避したままこの年までやってきてしまった、というふうにいつも思い続けていたからです。  そう、私は経験値が低い。「家を買う」と...
NO IMAGE Book

『短歌の友人』

穂村弘 高橋源一郎『大人にはわからない日本文学史』で面白そうに紹介されていたので手に取りました。 これは面白い。 恥ずかしながら私は短歌にはあまり触れたことがありません。 サラダ記念日』がせいぜいなくらい。 丸...
NO IMAGE Book

『人間の未来―ヘーゲル哲学と現代資本主義』

竹田青嗣 ほとんどの人に何の自慢にも聞こえないのだろうが、竹田青嗣の本はかなり読んでいます。 しかしながら、ここのところまともに本を読める能力をほとんど失っており、この本についてもきちんと読めたとは言いがたいものがありま...
NO IMAGE Book

『大人にはわからない日本文学史』

高橋源一郎 わかったことは明治から始まった近代日本文学というものが終わり、いままったく違う新しい時代が始まろうとしている、ということ。 新しい時代がどんなものになるのかはわからない。 文学についてのひとつの時代が終わるとい...
スポンサーリンク