スポンサーリンク
NO IMAGE Book

『都市と星』

アーサー・C・クラーク 酒井昭伸訳 ハヤカワ文庫 不快なことは除去され、誕生や死も完全に管理された都市ダイアスパー。 特殊な生い立ちを持つアルヴィンはダイアスパーから外に出ようとする。 ダイアスパーは村上春樹『世界の終りと...
NO IMAGE Book

『星を継ぐもの』

ジェイムズ・P・ホーガン(創元SF文庫) 2028年頃の話。月の洞窟で人間の死体が発見されたが、それは5万年前の死体だった・・・ おそらくSF必読書の基本中の基本ですが、読んでませんでした。 始まりは月面の場面。ここに登場...
NO IMAGE Book

『SFはこれを読め!』

谷岡一郎 (ちくまプリマー新書) そのタイトルどおりSF必読書のブックガイド。 三人の会話の形式で、いくつかのテーマごとにSFが紹介されていきます。 読みやすくて一時間足らずで読めます。 本の面白さを伝えようとしてくれる...
NO IMAGE Book

『涼宮ハルヒの憂鬱』~『驚愕』

『涼宮ハルヒの憂鬱』『溜息』『退屈』『消失』『暴走』『動揺』『陰謀』『憤慨』『分裂』『驚愕』谷川流(角川スニーカー文庫) 今さらですが10日間くらいで一気に読みました。 読みやすさのもとは文体にもありますが、キョンの視点...
NO IMAGE Book

『都市と都市』

チャイナ・ミレヴィル 日暮雅通訳 ハヤカワ文庫 ヨーロッパにあるふたつの都市国家ベジェルとウル・コーマの間で起こった殺人事件を巡るミステリーとSFの間の小説。 ほぼ現代の話ですが設定はもちろん架空。 当然ベルリンやエルサレ...
NO IMAGE Book

『ガルガンチュアとパンタグリュエル』

フランソワ・ラブレー 宮下志朗訳 ちくま文庫 桑野隆『バフチン』、バフチン『フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネサンスの民衆文化』と読んできてのラブレーだったが、実際読んだらすごかった。 もちろんこういう順序で読んでよかったとは思...
NO IMAGE Book

『さよなら、愛しい人』

レイモンド・チャンドラー 村上春樹訳(ハヤカワ文庫) 大昔に清水俊二訳『さらば愛しき人よ』を読んだが、大鹿マロイという登場人物が大暴れをする活劇のような小説、というような記憶のみがあった。 まったく違った。 『砂の...
NO IMAGE Book

『この世の王国』

アレホ・カルペンティエル(水声社) 同じ南米の文学として一括りにするには、ガルシア=マルケスとは少し違う。猥雑さみたいなものがあまりない分読みやすい。 ちょうど中東での革命的な事件が起きている中これを読むと、支配者が倒れてい...
NO IMAGE Book

『夜戦と永遠』

佐々木中 本としてはかなりの価格だし、相当難しそうだし、と購入に二の足を踏んでいたが、『切り取れ、あの祈る手を』を読んでしまった以上手を出さないわけにはいかなかった。 まず、最初に私は今の段階でこの本について要約したり、...
NO IMAGE Book

『古事記を読みなおす』

三浦佑之 古事記については以前橋本治訳のものを読んだことがある。 また、本書の著者による『口語訳古事記』も買ってあるが、まだ読んでいない。 戦後の教育を受けている者としては神話についての常識がなさ過ぎることを痛感している。 あま...
スポンサーリンク