NO IMAGE

『脳と仮想』を読んでみた

『脳と仮想』茂木健一郎 池谷裕二の本のように、脳と身体と心についての新しい知見が書かれている本だと思ったのだが、むしろ哲学的なエッセイ...

スポンサーリンク