スポンサーリンク
NO IMAGE Book

『詩人・評論家・作家のための言語論』を読む

吉本隆明 荒川洋治の『文芸時評という感想』でこの本について書かれていたので読むことにした。 以前、吉本隆明の『言語にとって美とはなにか』を読んでみたが挫折したのだが、それにつながるもので、「読者に無理のないように構成されているので、...
NO IMAGE Book

『日記をつける』を読み、日記欲が湧く

荒川洋治 マイブーム荒川洋治の本だったので、とりあえず読んでみた。 日記についてはあまり興味がない。 子供のころなんども「三日坊主」でやめたから、もう書かないと決めたのだ。 ブログは続いているけれど、日記とはまた違うような気もするし...
NO IMAGE Book

『詩とことば』で詩に興味を持つ

荒川洋治 ぼくは詩が読めない。 読もうとするのだが、なにか違和感があって、結局うまくいかない。 とくに現代詩、という世界にはなにか必要とすべきものがありそうな気がするのだが、どうしても入り込めない。 すばらしい散文(『文...
NO IMAGE Book

『文芸時評という感想』の感想

荒川洋治 高橋源一郎が『ニッポンの小説』でこの本から長々と引用しており、いつか読みたいと思っていた。 このあいだ読んだ加藤典洋の『言語表現法講義』でも荒川洋治に言及されていたので、ようやく手に取った。 よかった。 文芸時...
NO IMAGE Book

『肉体の悪魔』に驚愕する

ラディゲ 中条省平訳 この本も再読だが、前に読んだときは確か新潮文庫で読んだ気がする。 それも高校生の頃だ。  物語の筋書きだけを取り出せば、凡庸きわまりないものです。早熟な少年が、人妻に恋をし、その夫が戦争に行ってい...
NO IMAGE Book

『予告された殺人の記録』に引き込まれる

G・ガルシア=マルケス 野谷文昭訳 この本も再読。だけど、かなり読み飛ばしたんだなあ。まるで覚えていませんでした。  自分が殺される日、サンティアゴ・ナサールは、司教が船で着くのを待つために、朝、五時半に起きた。 この小説はこのよ...
NO IMAGE Book

『言語表現法講義』を読み返してみた

加藤典洋 昔読んだものの再読。 「文間」の問題などについて読み返してみたかったのでぱらぱらめくっていたら全部読んでしまった。 大学生を相手にした講義をもとにした本。 文間については、このようなこと。  一つの文と次の文の間...
NO IMAGE Book

『聖少女』を読んだ

倉橋由美子 倉橋由美子は『パルタイ』や『スミヤキストQの冒険』を何度か読んだ、好きな作家だが、どういうわけかそれ以上読まなかった。 松岡正剛さんが「千夜千冊」でこの小説を取り上げていたのが読もうとしたきっかけである。つい最近新潮文庫...
NO IMAGE Book

『ドストエフスキー 謎とちから』でドストエフスキーブームが来る

亀山郁夫 著者は『カラマーゾフの兄弟』の新訳を光文社文庫から出して昨年話題となった人。  しかし改めて書くが、この本でのわたしの試みは、ドストエフスキーを読み慣れた読者たちの感性を、少しでも生まれ変わらせたいという切なる願い...
NO IMAGE Book

『神々の沈黙』で元気になろう

『神々の沈黙 意識の誕生と文明の興亡』ジュリアン・ジェインズ 柴田裕之訳 この本は内田樹さんのブログで知った。 内田さんのブログがとても気持ちのいいものだったので、それをもう一度味わいたい、という気持ちで...
スポンサーリンク