「She said」

私が通っている整体の先生の説によれば、血液がきれいになればおおよその病気は治るのだそうです。

あなたのコレステロール値とか中性脂肪とか、高いんじゃないですか?

ぎく。

健康診断ではどちらの値も高く、要観察となっております。

パーキンソン病だって血液をきれいにしてやれば治るんじゃない?

うーん。どうでしょうか。

先生の説では、血液をきれいにするには「酢生姜」がいいのだそうです。

健康番組は一切観ないこととしているので、そういう情報には疎い。

ネットで調べてみると、生姜を切って酢漬けにしたもののよう。

生姜は身体を温め、酢は血液をきれいにしてくれるのだそうです。

美人医まで薦めているし、簡単そうなのでやってみるか。

先生が言うのには、いまは「ラム肉」ブームなのだそうです。

ほんとなのか。

ネットで調べてみると「ラム肉ブームが来た」という見出しと「なぜ来ないラム肉ブーム」というのがあった。

まあ、ブームが来ている、ということにしておこう。

ラム肉は体温を上げる役割があるので、冷え性の人にはいいけど、そうじゃない人には油が多くてあまり良くないのだそうです。

ラム肉って「ジンキスカン」でしか食べないかも。

冷え性なので食べてみるか。

先生が言うには、日本人は漢方を処方してもらうのはいいけれど、長く処方されすぎだということです。

え、漢方って何年も飲み続けるものじゃないんですか?

私が考えるには長くて3、4か月くらいじゃないのかなあ。

体質を改善するものだから、体質が変わったらやめるべき。

ぜんぜん知らなかったけど、そんなものなのでしょうか。

花粉症の季節になると、近くの開業医の耳鼻咽喉科に通います。

その先生はもう90歳にもなるのではないか。

漢方も取り扱っていました。

一時期冷えがひどくて、漢方を処方してもらったことがあります。

そういえば、数週間で改善したような気がします。

今年のスギ花粉シーズン開幕直前に診療を受け、薬を処方していただきました。

3週間後病院に伺うと、「体調不良のため休診」との貼り紙が。

そのときは、近くで別の診療科を開業している息子さんに診ていただき、薬はいただけたのですが。

そのあと正式に病院を閉められたようです。

お世話になったのになあ。

というか、来年新しい耳鼻咽喉科を探すことが今から憂鬱でもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク