「バス男」

ジャレッド・ヘス監督

 

友だちに教えてもらった、ひじょうにゆるゆるの映画。
しかし、このゆるさはここちよい。
主人公の高校生、ナポレオン・ダイナマイトはけっして無気力だったり、世間に無関心であったりするわけではない。
ただ、一般的な反応や、行動を取らないだけだ。取れないのかもしれないけど。
だから周りとうまくいかない。
だけどうまくいかなくても平気(に見える)。
こういうのって、元気づけられる。
私はなんだかうまくやろうとして、いつもつかれてしまっている、なと思わされる。
それにしても、一般的な反応や、行動を取らないのは主人公ばかりではなく、基本的にこの映画全体がそうやってできている。
ふつうの映画やドラマで処理されるべきむだみたいな「間」が放置されている。
それがここちよい。
現実はたぶんこんなものである。

[amazonjs asin=”B000CBNWSO” locale=”JP” title=”バス男 DVD”]

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる