『名文を書かない文章講座』を読む

村田喜代子

わたしは村田喜代子の小説を読んだことがないのだけれど、ぱらぱらと立ち読みしていたらおもしろそうだったので手に入れた。
だいたいわたしは『文章読本』的なものが好きなのだ。
斉藤美奈子の『文章読本さん江』までも読むほどに。


ぱらぱらぱらぱらと読めたが、文章も歯切れがよく、参考になった。
とくに「普遍と特殊」という章の次のような文章。

 つまり、私たちはどんな個人的な内容のものを書いても、あまねく大勢の人々の心に共感させ、ゆきわたらせねばならない、ということである。そんなの面倒だ、読んでくれる者だけでいいと言うなら書く資格はない。個人的主観と気持ちを綴っただけの文章を、何の関係もない他人が読んでくれることはないからだ。

耳が痛いです。

[amazonjs asin=”402261594X” locale=”JP” title=”名文を書かない文章講座 (朝日文庫)”]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる