『夜の大捜査線』

ノーマン・ジュイソン監督

音楽がかっこいい、と思ったら、主題歌はレイ・チャールズで、音楽はクインシー・ジョーンズだった。
シドニー・ポワチエ演じる敏腕刑事がかっこいい。
よそから来た敏腕刑事と、元々いる署長が反発し合いながら、いつの間にか心の交流が進んでいく、というのは刑事物に限らず、医療ドラマなどでもいまやステレオタイプになっているが、その原型なのか。
この映画の場合、人種差別というものも絡んで、かなり複雑な心理になっている。
シドニー・ポワチエの刑事は仕事ができるのだが、とても世慣れている。
こういう人物になってみたかったものだ、と今更ながらに思うのである。
アメリカ南部、ってかんじがする映画です。

[amazonjs asin=”B079VZRVYZ” locale=”JP” title=”夜の大捜査線 AmazonDVDコレクション Blu-ray”]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる