『アクロイド殺し』

アガサ・クリスティー 羽田詩津子訳

 

アガサ・クリスティーについては恥ずかしながら読んだことがなくて、友だちがこの作品と『そして誰もいなくなった』を読んでおけばいい、と前に言っていたのを思い出して読んでみた。
最初は退屈な感じで読むのに難渋したが、名探偵ポアロが登場してからは次を期待するように先に先に読めるようになった。
最初が読みづらい、というのは最後にはやむを得ないことがわかる。
この作品の構成としてどうしようもないことであった。
ネタバレになるため深入りできないので、作中にあったポアロのすばらしい台詞。

 探偵は誰とも知り合いではないし、誰にも特別な感情を抱いていない――彼にとっては、全員が見知らぬ人間であり、ひとしく疑わしいのです。

ポアロはこの原則に基づいてアクロイド殺しの犯人を捜していく。
ああ、これ以上言うとネタバレになるな。
それにしても、探偵ではない私自身も同じようなスタイルで生きて行ければ、今まで見えなかったものが見えてくるような気がする。
ただ、それは普通の人間にはあまりにきつくて、可能なことではない。

[amazonjs asin=”4151300031″ locale=”JP” title=”アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)”]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる