『多読術』

松岡正剛
 

松岡正剛が好きだし、本の読み方の指南書みたいなものも好きなので早速読んだ。
編集者を聞き手として松岡さんが語る形式。
本をそんなにありがたいものと思ってたてまつる必要はない。
毎日食べる食事みたいなもので、気分によって食べたい本を変えればいい、というようなことが書いてあった。
一冊の本は先行する本から何かしらを引き継いでいて、本の世界は本同士が網の目のように関係を結んでいる。
一冊の本を読むと言うことはその複雑に張り巡らされた本の世界に入り込む、という話もちょっといい話である。
ただ、多読するのはそんなに簡単なことではない。
松岡さんは簡単だと言うけれども。

[amazonjs asin=”4480688072″ locale=”JP” title=”多読術 (ちくまプリマー新書)”]

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる