『下流志向 学ばない子供たち 働かない若者たち』

内田樹

 

単行本がベストセラーだった。
文庫化されるまで待ち、文庫化されたらすぐ読んだ。
この本を読んで、いろいろ書こうと思ったけれども、うまく書けないのでやめた。
たぶん内田さんの仮説の適切さ、論理展開の鋭さに驚嘆しかしていないから。
とにかくこの本は講演がもとということもあり、さらっと読めてものの見方がころっと変わってしまう。
内田さんがふだんブログでも書いていることだが、学ぶことに市場原理を持ち込むことが何にせよまちがっている、ということがいちばんのポイントだろう。
教えるー学ぶと言うことは甚だしく非対称的な関係である、ということを書いていたのは柄谷行人であったか。

[amazonjs asin=”4062763990″ locale=”JP” title=”下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)”]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる