『アナキズム 一丸となってバラバラに生きろ』

栗原康  岩波新書

 

いつもの栗原さんです。

あわせて読みたい
『何ものにも縛られないための政治学 権力の脱構成』
『何ものにも縛られないための政治学 権力の脱構成』栗原康 角川書店難しそうなタイトルだけれど『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』の語り口がパワーアップされた、アナキズムの入門書です。https://madao-betsuo....
あわせて読みたい
『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』
『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』栗原康 岩波書店 漠然とアナキストの生き方にはあこがれますが、実際には引きこもりの保守主義者。そんな私にとって、本物のアナキスト伊藤野枝の生き方はうらや...
あわせて読みたい
『死してなお踊れ 一遍上人伝』
『死してなお踊れ 一遍上人伝』栗原康 河出書房新社アナキストの栗原さんが書いた、一遍上人についての伝記です。一遍は鎌倉時代の僧侶。「踊り念仏」でおなじみです。栗原さんのいつもの超高速の文...

すいすいすいっと読めつつも、いろいろ考えてしまう。

今回ようやく気づいたのは、アナキズムとは何かの思想ではなくて「運動」のことなのではないかということ。

運動といっても、春の交通安全運動とかの運動ではなくて、ランニングするとか体操するとかの意味です。

 

エマ・ゴールドマンという女性アナキストが本書で紹介されています。

1869年リトアニア生まれ。

戦い続けて、すごくかっこいい人なのです。

彼女がニューヨークの工場のストライキに支援に訪れたときです。

当時のストライキというのは、軍隊が鎮圧に現れ銃撃戦も起こるような緊張感にあふれたものでした。

当然、工場内も緊迫。

そんな中でエマは「ダンス・パーティー」を開くことにします。

それに対してアナキストの少年が抗議します。

ダンスパーティーなんて遊んでる場合か、おれたちは革命の大義のために戦っているんだ。

それに対してエマはこういいます。

「私は絶えず大義のことをいわれ続けて、もう飽き飽きしている。美しい理想やアナキズム、そして因習や偏見からの解放と自由を表すはずの大義が、生と喜びの否定を要求するとは思っていない。私たちの大義は修道女になることを期待していないし、その運動が修道院に入るようなものであるべきではない」。

 

油断していると、「組織」というものはすぐ立ち上がります。

それがたとえ抑圧に対する組織だったとしても、その大義のために組織は個人を別のやり方で抑圧し個人は何かをがまんしなければならなくなります。

組織が発生した瞬間に、上下関係が生じてくるのです。

何かに対する戦いのためには「軍隊」の形式はきわめて合理的だからです。

アナキズムは、組織での抑圧に常に抗する運動ではないでしょうか。

たぶん合理的なものは勝ち続ける。

一方、アナキズムは負け続ける。

しかし、負け続けることができることにこそアナキズムの価値があります。

[amazonjs asin=”4004317452″ locale=”JP” title=”アナキズム――一丸となってバラバラに生きろ (岩波新書)”]

 

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる