ブロメリンの呪い

口内炎というにはあまりにも痛みを感じる範囲が広すぎる。

上顎、上の前歯の生えている上の方が全体的にひりひりする。

まるで熱いお茶を飲んだあと、皮がむけたみたいな、軽いやけどの痛みです。

いったい何だろう。

口内炎ができるほどチョコを食べたんだっけ。

いや、特定保健指導で最近は自粛している。

悪い病気だろうか。

まあ、悪い病気にはもともとかかっているけど。

仕事もせずずうっと考えていたら、分かった。

パイナップルをドライフルーツにしたものを約一袋半食べたんだった。

そして、今また一口食べたら痛みが出てきたのでようやく思い当たった。

パイナップルにはプロメリン(ブロメライン)というたん白質を分解する化学物質が含まれているそうです。

あわせて読みたい
ケミカル・ワンダータウン

食べ過ぎると口の中の敏感な部分が影響を受けるそうです。

忙しくて、むしゃくしゃして、ずうっとパイナップル食べながら仕事をしてたのでした。

おやつはやはり昆布にしよう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる