電子書籍は危険だ

先日、読書家として名高いZABAさんとお話しさせていただく機会がありました。

その中で「電子書籍は危険だ」ということで意見が一致しました。

なにが危険なのか。

リアルな本と較べて、購入するだけで満足してしまうということです。

 

私には、かつてパソコンにソフトウェアをインストールするだけで知的になったように勘違いしていた時期がありました。

それに近い。

Kindleに電子書籍が増えるだけで、読んだ気になっている。

 

物体としての本には、まさしく「存在感」があります。

本を買って積んでおいても、「読んでくれよ」と本が語りかけてくるようで、しかたなくぺらぺらめくったりするものです。

しかし電子書籍は買ってしまったら、サイバー空間の中に消えてしまいます。

いつの間にか買ったことを忘れてしまい、読まないまま放置されてしまうのです。

 

そんなわけで、私のkindleの中にはまだまだ読まれていない書籍が大量に入っています。

それなのにまた、買ってしまった。

なぜ買ってしまったかというと、今読んでいる本が楠木健さんの『室内生活』という本。

これが楠木さんの書評集なのですが、どの本もおもしろそうに書かれているのです。

で、つい買ってしまう。

読めるのかなあ、死ぬまでに。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる