『この椅子が一番! 椅子に関わる専門家100人が本音で選んだシーン別ベストな椅子とは…』

ここ数年、腰がどよーんと痛い。

加齢によるものです。

この一年くらいはパーキンソン病の影響で歩行時の足のバランスが悪いこともあって、特に右腰がつらい。

もうすぐオフィス(そんなすてきな場所ではないが)で、ずっと椅子に座り続けることになります。

心配だ。

休む前、腰痛に対して例によってグッズで何とかしようとしていました。

導入したのが「アーユル メディカルシート」。

塩澤一洋先生(@shiology)も使っているということで、職場に導入したのでした。

これを使うと確かに姿勢はよくなるのですが、座面が堅くてお尻が痛くなってしまった記憶があります。

まだ職場にあるだろうか。

あったら、使ってみます。

さて、この本はアンケート形式でさまざまな部門のベストの椅子を選ぶというもの。

「あなたが思う名作椅子」から始まり、「パスタを食べるときに座りたい椅子」「美女が座って絵になる椅子」「落語のCDを聴くときに座る椅子」「買ってはみたけれど、失敗したなと思った椅子」まで38種のベストが収められています。

多くの椅子が重複して選ばれており、カテゴリー分けにも若干無理がある気もしますが、本としての体裁を整えるためにはやむを得なかったのでしょう。

「仕事がバリバリはかどる椅子」とか「腰痛持ちにも心地よい椅子」をじっくり読みつつ、こういうものを持ち込みたいなあと妄想しながら読みました。

ほしいなと思ったものは「AWAZA」。

腰の椅子 AWAZA-LDタイプ 回転ダイニングチェア ウォールナット ¨ソファと椅子、無垢テーブルのインテリアショップFORMS¨
医学の見地から人間工学をもとに作られた腰の椅子AWAZAダイニングチェア。介護用らしくない介護椅子です。背支持中心点を支えるアームの高さが抜群で、究極の座り心地です。

「Yチェア」。

カール・ハンセン&サンジャパン公式オンラインショップ

「J39チェア」。

http://www.scandinavian.co.jp/productssearch/index.php/item?cell003=家具&cell004=チェア&label=1&name=J39チェア&id=8

などなど。

どれも高くて、無理だなあ。

立ったまま仕事をするのが腰に影響がなくていい、というのも聞いたことがありますが、そうすると立ち仕事用の机を買わないといけなくなります。