まだ読んでいない『モロイ』を虫干し

サミュエル・ベケット『モロイ』を買いました。

モロイ

保坂和志さんが『モロイ』を大絶賛していたので、昨年図書館で白水社版を借りてきて読もうとしたのでした。

モロイ

しかし、結局1ページも読むことはできず。

難解といえば難解。

しかしむしろ訳文との相性といったほうがいい。

新しい訳が出ないかな、と思っていたら出たので予約して買ってしまいました。

 私は母の部屋にいる。今ここに住んでいるのは私なんだ。どうやってここにたどり着いたのか、よくわからない。たぶん救急車か、とにかく車に乗ってきたはずだ。誰かが助けてくれたにちがいない。ひとりではたどり着けなかっただろう。

出だし。

なんとなくカミュの『異邦人』ぽい。

これなら読めそうじゃないですか。

とにかく、本がこの数ヶ月まともに読めていない。

したがって書評もどきも書けなくなっていますが、その割に本は購入しています。

がんばって読みます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる