『大人の時間割を使えば、仕事が3倍速くなる!プロの時間術』

上阪徹 方丈社

 

上阪さんはブックライター。

以前は「ゴーストライター」と呼ばれていた、著者に代わって文章を書く仕事をされています。

上阪さんの本は何冊か読みました。

文章術や仕事術の本としては内容も優れていたし、何より文章がわかりやすいのでお気に入りの著者です。

あわせて読みたい
『10倍速く書ける超スピード文章術』
『10倍速く書ける超スピード文章術』上阪徹 ダイヤモンド社上阪さんは、ビジネス書のブックライターをされています。ブックライターとは、長時間のインタビューをした上で著者本人に代わって本を書く仕事...
あわせて読みたい
『〆切仕事術』
『〆切仕事術』上阪徹 左右社「〆切」という言葉に、あまりいいイメージはありません。資料の作成、照会に対する回答……私は夏休みの宿題を8月31日から始めて、結局提出しない、という...
あわせて読みたい
『社長のまわりの仕事術』
『社長のまわりの仕事術』上阪徹 ミシマ社 上阪さんの本は『10倍速く書ける超スピード文章術』などを読んで、おもしろかった。https://madao-betsuo.com/2018-03-30-181605/https://madao-...

 

私自身がこのところ時間をどう扱うか行き詰まっていたこともあり、手に取りました。

大きな仕事をまず小分けにすることが重要だ、と上阪さんは言います。

 おそらくどんな仕事も、こんなふうに仕事を「小分け」にしていくことができるはずです。例えば、上司に提出する市場動向についての資料なら、「情報収集」「構成」「パワポの仕上げ」。それぞれ、どのくらい時間がかかるのかを想定し、プロセスに分解していく。そして、一気にやってしまうのではなく、数日に「小分け」してやっていくのです。

そしてそれぞれの段取りについて必要な時間を見積もり、基本1時間ごとの時間割にはめ込んでいくのです。

私も一時期、似たようなことをしていたことがありました。

あわせて読みたい
「時間割」を作ってみる
「時間割」を作ってみるいろいろなタスク管理アプリを使っていますが、どうにも使いこなせていません。というか、アプリに使われている感じです。やるべきことは把握できるのですが、なかなか...

仕事内容が変わって自分で段取りを積極的にしていかなくてはならないので、今こそ必要な手法かもしれません。

「Agenda」とカレンダーを使って、またやってみようと思います。

 

「時間術」というタイトルの本ですが、それだけではなく文章の書き方、フリーランスとしての生き方についてなどについても書かれています。

私はフリーランスにはあこがれますが、結局会社をあてにしています。

このまま定年まで働くことにはなりそうですが、それでもこの本にあるようにフリーランスの生き方を選択肢に少しだけ入れて生きていくのは許してもらいたいです。

 

上阪さんは2018年に突然心臓発作に襲われ、救急車で搬送されたそうです。

それ以来、誰にも明日は保証されていない、どんな若者でも突然死んでしまうかもしれないと思うようになった。

だから時間が大事なのだ、と上阪さんは言います。

私は、溶けるほどだらだらと生きているので、そんなことをいわれると耳が痛い。

だけど、少しはきちんと生きていくふりをしましょう。

[amazonjs asin=”490892547X” locale=”JP” title=”大人の時間割を使えば、仕事が3倍速くなる! プロの時間術 (単行本 ソフトカバー)”]

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる