『セトウツミ』

此元和津也 少年チャンピオンコミックス

マンガ好きの方からすれば、今さらかよという感じかと思います。

私の情報収集能力は、昭和の室内テレビアンテナのレベルしかないのです。

先日「Monograph」さんで紹介されていて初めて知りました。

一級品の雑談と伏線。マンガ「セトウツミ」感想レビュー
高校生独特の"ノリ"ってあるじゃないですか。 僕は男子校に通っていたので、気にする女子の目は妙齢の保健室の先生くらいのもの。男同士楽しく気ままに毎日を過ごしていました。 いつもの面子で長いこと一緒にいると、誰が考えたかもわからないような独自の言葉遣いが生まれてくるんですよね。それが日が経つごとに濃度高くなり進化して、他...

タイトルすら知らなくて。

Amazon の『対象のKindleマンガに使える 99円で購入できるクーポン』の対象になっていたので、つまらなくてもいいかとかるい気持ちで読み出したのです。

Amazon.co.jp: Kindleマンガに使える99円クーポン(3冊まで): Kindleストア
Kindleストア の優れたセレクションからオンラインショッピング。

結果、全8巻を一日で読まされる羽目に。

川岸にある石段で、男子高校生の「瀬戸」と「内海」がひたすらしゃべりつづける、ほぼそれだけの話。

他の登場人物も出てきますが、基本は二人のトーク。

場面もたまに学校が出てくる程度で、石段がほとんど。

限定された空間、登場人物なのですが、そこで繰り広げられるトークがとんでもなくハイレベル。

現代のトークの粋を集めたと言ってもいいくらい、おもしろい。

登場する比喩や展開を普段の会話に使いたいが、あまりに繊細かつ鋭くて難しい。

仮に普段の会話に使えたとしても、それをツッコんでくれる人が必要。

そして、トーク自体が壮大な前振りだったというその構造がすごい。

ネタバレしてもまったく面白さは褪せないけれど、書かないことにします。

私が好きだったのは、第54話「VとR」。

瀬戸が自分の頭が痛くなったということを「大ハンドモンスターに頭ギュウウウ掴まれる感じ」と喩える。

内海に突っ込まれつつ「自分の病気」の話と「大ハンドモンスターの冒険」の話を並行しながら話し続けていく。

そのうえ「大ハンドモンスターの冒険」の話が、この物語全体の比喩になっているような気がする。

村上春樹『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』っぽいのです。

二日間で二度読んでしまいました。

絵も好きだし、絶賛。

すでに、映画にもドラマにもなっていたんですね。

いやー、知らなかった。

「小野田さんばりに世情に疎いな」。

だめだ、ぜんぜんだめ。