『宗教と資本主義・国家』

池上彰 佐藤優 松岡正剛 碧海寿広 若松英輔

角川書店

 

第Ⅰ部は池上さんと佐藤さんの対話。

第Ⅱ部は若松さんと碧海さんの講演。

第Ⅲ部は松岡さんによる論点整理と、全員によるパネルディスカッション。

 

そうそうたるメンバーだし、タイトルも刺激的なのでかなり期待して読んだ。

さくっと読めるので、問題点のありかを確認するにはいいです。

佐藤さんがあとがきでこう言っています。

このように、無自覚のうちに危険な宗教を信じていることに、本書を読んで読者が気づいていただけるとうれしい。

 

無自覚な宗教としてはたとえば「拝金教」「出世教」「受験教」といったものも含まれます。

お金がすべてだぜと言い切れる人は拝金教ですが、私たちほとんどが紙切れの呪術に惑わされています。

 

碧海さんの本は読んだことがなかったけれど、おもしろそうなので読んでみたい。

[amazonjs asin=”4121024990″ locale=”JP” title=”仏像と日本人-宗教と美の近現代 (中公新書)”]

 

佐藤優さんは沖縄出身ですが、そのお母様はプロテスタントで社会党支持者だったのに、こっそりと靖国神社へ行っていたのだそうです。

それは沖縄戦でなくなった人たちや自分のお姉さんは、靖国に祀られていると信じているからだったと言います。

宗教は理屈で割り切れるものではない、ということの例となるいちばんいい話でした。

[amazonjs asin=”4044003610″ locale=”JP” title=”宗教と資本主義・国家 激動する世界と宗教”]

 

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる