高橋源一郎さんの握手会(ではないが)に行く

先日、千葉市の朝日カルチャーセンターで高橋源一郎さんによる講座があったので、受講してきました。

タイトルは「平成の終わり、昭和の終わり」。

申込みはインターネットでクレジットカード払いで簡単にできました。

16時開始で15時40分くらいに到着。

こういう講座を受けるのは初めてなので、若干緊張して行きました。

部屋は教室形式(机はなくて椅子だけが置いてある)。

だいたい50名分くらいでしょうか。

一番前が空いていたので、陣取ってみました。

時間までipadで阪神牝馬Sを観ていたら、隣の女性に「この先生も競馬好きなんですよね」と話しかけられました。

三島賞の賞金100万円を日本ダービーでメジロアルダンの単勝にぶち込み2着に負けた話を、わかりやすくしてあげました。

 

16時高橋さん登場。

サングラスにレザーのジャケット。

かっこいいです。

マイクを持って話していたのですが、隣の(競馬の話をした)女性が「音が割れて聞きづらい」と高橋さんにおっしゃった。

「わかりました」と高橋さん。

「マイクなしで地声でやります」とのこと。

だって大学では地声だもん、とのこと。

すばらしい。

内容は、いろんな意味で書き起こしづらいです。

ピエール瀧のこと、元号のこと、高橋ヨシキさんのこと、今度の群像新人賞は(また)問題になりそうだとのこと、などなど。

NHKでは話せないな。

大学の自治とは?という話は気になりました。

大学の人事権は従来教授会にあったのに、学長に移ってしまったのだそうです。

その学長は政府の任命になるとのこと。

大学の自治なんてものはなくなってしまう、という話をされていました。

新聞をきちんと読まないほうが悪いのかもしれませんが、そういう話はあまり表に大きく出てきていない。

日本はどうなっちゃうのでしょう。

大学をやめた高橋さんは私塾を立ちあげるそうです。

期待したいですね。

高橋さんからのお知らせとしては『論語』の全訳を描いたものが出版されるそうです。

こちらも楽しみ。

 

講義終了後、会場で販売していた本にサインをもらえます。

『ゆっくりおやすみ、樹の下で』『非常時のことば』の二冊を購入し、サインと握手をいただきました。

ついでといってはなんですが、持参した『追憶の1989年』にもサインをいただいてしまいました。

その上記念写真も撮ってもらったり。

アイドルの握手会に行く気持ちが少し分かりました。