NO IMAGE

『神曲 地獄篇』を読んだ

『神曲 地獄篇』ダンテ・アリギエーリ(寿岳文章訳) 最初に海外旅行に行ったのはインドで、そこに『神曲』の岩波文庫版を持って行った。 『神曲』...

NO IMAGE

『脳と仮想』を読んでみた

『脳と仮想』茂木健一郎 池谷裕二の本のように、脳と身体と心についての新しい知見が書かれている本だと思ったのだが、むしろ哲学的なエッセイだった...

NO IMAGE

『嵐が丘』に呑み込まれた

『嵐が丘』E・ブロンテ(鴻巣友季子訳) ようやく読み終わった『嵐が丘』だが、私が本を征服した、というよりは、本に呑み込まれた感じ。 こんなに...

NO IMAGE

『嵐が丘』を読んでいる

『嵐が丘』E・ブロンテ 今読んでいるのは新潮文庫の鴻巣友季子訳『嵐が丘』。 『現代小説のレッスン』で水村美苗の『本格小説』について評論されて...

スポンサーリンク