「Spotify」に移行してみる

通勤電車でずっと音楽を聴いています。

聴いているのはAppleMusic。

最初は好きな音楽、聴いたことのある音楽をかけていました。

しかし聴いたことがある曲ばかりでは飽きてきたので「プレイリスト」を選ぶようになりました。

最近聴いているのは「ピュア・チル」などチル系。

チルってなに?という感じでしたが、「chill out」のリラックスするという意味から来ているそうで、リラックスできる音楽。

電車の中で本を読んだりまどろんだりするにはなかなかよいのです。

しかしそれにも飽きてきます。

チル系は聴きたいのですが、なかなか他のプレイリストが見つからない。

探し方が悪いのかもしれませんが。

 

AppleMusicを離れてSpotifyを聴いてみることにしました。

無料なので試聴してみるとなかなかいい。

何よりプレイリストが充実している感じです。

これだけ音楽配信が進んできて何千万曲が配信されていると、事実上どこも差がなくなってきます。

だって全部を聞くことなんてできないのだから。

むしろ知らない曲をどう聴かせるか、ということが課題になるのではないでしょうか。

そうするとプレイリストが多い(探しやすい)というのは大きなアドバンテージです。

そのうち飽きてまたAppleに戻るかもしれないわけですが。

あわせて読みたい
Listening is everything
Listening is everythingあなたに必要な音楽は、Spotifyだけ。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる