ノースフェイスWPBベントリックスフーディで越冬する

昨年からずうっと気になっている「化繊インシュレーション」。

今年の1月にも「化繊ジャケット」というタイトルで書きました。

化繊ジャケット選び
化繊ジャケットについて考えるいくつかのブログを購読しているのですが、そのうちの一つがこちら。私はおじさんですが、どこかに乙女のこころを持っているので何かと参考にさせていただいています。ここで知ったのですが「化繊ジャケット」と...

いったいなんのことか。

インシュレーションとは「断熱材」のこと。

化学繊維の断熱材ということですが、つまりは登山などの際の防寒のために着用するジャケット類です。

化繊でないものの代表は、ダウンです。

ダウンはもちろん暖かいのですが、濡れると暖かさが失われます。

また、衣服内の湿度や温度がこもったままになって、オーバーヒートしてしまうこともあるそうです。

それに較べて、化繊インシュレーションは濡れたときや、湿度・温度の調整の点でダウンよりも優れているそうです。

ダウンにも「軽さ」というアドヴァンテージはあるのですが。

 

いろいろと偉そうに書いていますが、もちろん私は冬山登山を当分することはないでしょう。

それなのに、なぜ化繊インシュレーションが気になっているのでしょうか。

それは私が極度の暑がりで、汗かきだからです。

夏、汗をかいているのは人としてあたりまえ。

しかし、冬場にもかかわらず、着込みすぎて汗をかくということが私にはよくあります。

さらに、汗をかいている自分が恥ずかしくてなお汗をかく、という悪循環が待っていたりするわけです。

そんな事態を打開してくれそうなのが、化繊インシュレーションではないか、と勝手に決めつけているのです。

 

アークテリクスのAtom AR Hoodyは確かにかっこいいです。

購入

しかし、こういう技術は日進月歩。

新しいものの方が快適に違いありません。

ノースフェイスの「ベントリックステクノロジー」というのがすごそうです。

WPB Ventrix Hoodie | THE NORTH FACE
WPB Ventrix Hoodie | THE NORTH FACE

「活動時に衣服内の水分を積極的に排出する」。

水分多めの私としては、ありがたい話です。

ベントリックス・フーディには三種類あって、基本となる「ベントリックスフーディ」、少し薄手で軽量化されている「ベントリックスハイブリッドフーディ」、そしてアウター志向の強い「WPBベントリックスフーディー」。

いろいろ考えたのですが、やはりアウターぽく着てみたいということでWPBベントリックスフーディーを選びました。

いつ買おうかなと思っていたら、9月9日、オンラインショップに突然ニューカラーが投入されました。

シックな色が増えて、街で着やすくなりました。

180㎝、75㎏だとたぶんLサイズでいいかなと思ったのですが、アウターとして着たいのであえてXLにしてみました。

届いたものを着てみたら、サイズはちょうどよかった。

Lだとインナーダウン的な使い方になると思います。

何よりも軽い!

これは楽ですねー。

快適に越冬できればいいですね。

???????????????????