「Fantastical」と「BusyCal」を併用する

「Fantasical」というカレンダーアプリと、「2Do」というタスク管理アプリをApple純正の「リマインダー」でつないでタスク管理をしてみます、という記事を書きました。

「Fantastical」を中心にしたタスク管理
『ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編』の中で、デビッド・アレンさんはこういっています。 カレンダーは必要なことに注意を向けていくための最も基本的なツールである。個々には特定の日時にやるべき「次にとるべき行動」が書かれている。...

なかなかうまくいっているのですが、ひとつ問題がありました。

「Fantastical」はMac版とios版ではリマインダーの表示のしかたが若干違うのです。

Mac版はこのようにリマインダーがカレンダーの上部にきちんと表示されます。

リマインダーをカレンダー内にドラッグして「予定」として組み込むことができます。

一方、Ios版ではリマインダーが「リマインダー○件」のように表示されます。

この部分をタップするとその内容が出てくるのですが、ひと目で分からないし、何よりもカレンダー内にドラッグして時間を指定することができません。

Macでやればいいことですが、問題はこれから職場に復帰するということ。

職場で配付されているPCはWindowsで、しかもセキュリティは高度なものらしい。

自分のスケジュールやタスクを職場のPCで管理できるのか、疑問。

MacBookを職場で開くわけにもいかないようです。

そうなると、iphoneかipadでスケジュールやタスクの管理をすることになります(なぜMacBookがだめでipadが許されるのか、という問題もありますが)。

困ったなあ、と思っていると、やはり同様の考えをもった方がいました。

iPhoneやiPadでもリマインダーのToDoリストをカレンダーの時間割に表示したい | 景観デザインを目指せ
昨日の記事の続きで、こんどはiOS編。iPhoneやiPadでもリマインダーのToDoリストは、標準のカレンダーには表示されないんだ....

なるほど。

「BusyCal」というカレンダーアプリだと「Fantastical」のMac版と同様に、リマインダーがカレンダーの上部に出てカレンダー内にドラッグすることが可能です。

重山さんを見習い、Macは「Fantastical」、iphoneとipadでは「BusyCal」を使うことにしました。

 

なお、Macにも「BusyCal」を入れてもよかったのですが、それなりのお値段ですので見合わせました……

Fantastical 2 for Mac
Fantastical, the Mac calendar app you'll enjoy using. Quickly create new events with natural language input and more.
BusyCal - The Best Calendar App for Mac