カメラ新製品発表を止めろ!

ここのところ、各社から立て続けに新しいカメラが発表されています。

Nikon、Canonがフルサイズミラーレスカメラを発表したと思っていたら、Panasonicまでもがフルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S1」「LUMIX S1R」の開発を発表。

そして、富士フイルムは中判ミラーレスカメラ「GFX 50R」を発表しました。

 

この夏、清水の舞台から飛び降りて瀕死の重傷となりながらPanasonicのマイクロフォーサーズのカメラ「LUMIX G9」を買ってしまいました。

噂にはなっていたものの、Panasonicがまさかのフルサイズ。

マイクロフォーサーズを切り捨ててしまうのか?

間の悪い自分を責めるべきでしょうか。

しかしPanasonicは併せて、マイクロフォーサーズ用の新しいレンズの開発についても同時発表しました。

フルサイズと棲み分けして発展させていくと、信じたい。

とりあえず、様子見です。

 

フルサイズ、中判のカメラ発表のラッシュの中(LEICAもSIGMAも発表しました)、いちばんうれしかったのが、RICOHが「GR Ⅲ」の開発を発表したことでした。

待たせすぎ。

GRシリーズは、ずっと持ってきました。

あわせて読みたい
私のカメラ遍歴と、めぐる妄想
私のカメラ遍歴と、めぐる妄想最近よく考えていること(というか妄想していること)はカメラのことです。整理するため、自分のカメラ遍歴について整理してみました。1 Pentax Optio S4まったくカメラ...

「LUMIX G9」はいいカメラですが、それなりに大きいので例えば会社に持っていくのは難しい。

GRは単焦点。

ズームがない。

だからふだん持ち歩くカメラとしては「iphone」で充分だと思った時期もありました。

しかし、やはりなにか物足りないのです。

GRには撮りたくさせる何かがある、としかいいようがない。

そして今回、手ぶれ補正をとうとう搭載してきました。

手がブレまくる私には、必須の機能です。

気合を入れた撮影はG9で、カジュアルにGRで。

いいなあ。

夢だなあ。

 

もちろん先立つものがありません。

夢で終わるとは思いますが、楽しみです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる