LUMIX G9のファインダー内ごみを取り除いてもらう

7月下旬のある日、愛用のカメラであるLUMIX G9のファインダーをのぞくと、左下の部分に黒い点のようなものが見えます。

ファインダーの表面を拭いてみましたが、点は消えず。

レンズを疑って前玉、後玉をブロアーで掃除してみましたが変わりません。

レンズを取り替えても、同じ位置に点があります。

センサーをブロアーで掃除してみましたが、同じ状況。

撮影したものを確認してみると、点は付いていません。

ファインダーの中に、ごみが入ってしまったのかもしれません。

撮影自体には影響はないのですが、G9のきれいなファインダーの中にごみがあると気になって、気になって。

ファインダーの中のごみについては保証期間内でも清掃してくれるのかどうか、ネットの情報では分かりませんでしたが、とにかく気持ちが悪いので直すことにしました。

 

Panasonicには「秋葉原LUMIX&Let’s note修理工房」という修理拠点があります。

即日修理サービス - サポート - Panasonic

早く修理してほしかったので、ここに持ちこもうかと思いました。

よく読むと、当日修理ができるのはデジタルコンパクトカメラのみで、一眼カメラは預かりになり後日送付してくれるということです。

早く手元に帰ってきてほしいのですが、保証期間内であれば送料無料で対応してくれるということなので、宅配修理サービスを利用することにしました。

 

修理の申込みをしたのは8月8日水曜日の朝。

私はすでに「Club Panasonic」に入っていましたので、ログインして必要事項を入力。

しばらくすると、Panasonicからメールが来て、修理品の送付先などが記されたメールが来ます。

それに基づいて、ヤマト運輸に着払いでの集荷の申込みをしました(送付先は秋葉原の修理工房と同じ住所)。

ヤマトさんは午前中に集荷してくれました。

その後の修理の経過は「宅配修理サービス – 申し込み詳細」のページで状況を確認することができます。

翌9日の木曜日には、私のG9は修理拠点に到着しました、修理を行っています、とのこと。

どきどき。

ときおり進捗状況をのぞいてみます。

きちんと向こうからメールで報告はあるのですが。

10日金曜日の午後には修理が完了し、発送されました。

11日土曜日の朝にはG9さんは無事に帰ってきました。

修理報告書には「LVF分解クリーニング、他各部点検、基本動作テスト実施致しました」と記載されています。

もちろんごみは取れていました。

すっきり。

各部点検もしていただいたということで、なんとなくダイヤルとかも動きやすくなった気が(完全にイメージだけです)。

 

Panasonicの宅配修理サービスは思っていたよりもずうっと速いし、すばらしい。

あらためてG9をこれからも大切に使っていく気になりました。