危険な時間帯

夕暮れに弱い。

黄昏時。

誰そ彼。

車に乗っていて焼けた空を見ると、身体がほどけていってしまう感覚に陥る。

サッカーの「危険な時間帯」はキックオフ直後や得点直後を指すようだが、私にとっては夕方。

暮れきって、夜になれば正気に戻る。

どうしてこんなに夕方に弱いのか。

 

(仮説1)

小学校低学年の時に読んだマンガ。

西に太陽が沈もうとしているときに、東の空に太陽が浮かぶ。

と思ったら、それは地球に押し寄せてくるUFOだった。

こわくてこわくてたまらなかった。

そのせいか。

タイトルも作者も不明。

ほんとにあったマンガかどうかもわからない。

 

(仮説2)

夕暮れどきのいい歌があるから。

オフコース「たそがれ」

[amazonjs asin=”B00FJVI7VO” locale=”JP” title=”たそがれ EPレコード 7inch”]

さだまさし「夕凪」

[amazonjs asin=”B01LZNG13N” locale=”JP” title=”帰去来(2016リマスター/UHQCD)”]

松任谷由実「丘の上の光」

[amazonjs asin=”B00005GMEA” locale=”JP” title=”悲しいほどお天気”]

などなど。

これらの曲を聴いていると、やはり身体がばらばらになる感覚をもってしまう。

 

(仮説3)

夕方になると、眠くなるから。

 

そもそも夕方は昼と夜の境。

「逢魔時」「大禍時」というくらいだ。

危険なものは空間や時間の境にいる。

そして、人のこころに忍び込んでくる。

霊感はまったくないが、夕暮れに関してはそんな言い方も許容できる気がする。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる