Causerie

スポンサーリンク
Causerie

ロックな人生には終止符を

傷だらけの顔でした。 鼻のてっぺんと唇の上と顎。 じくじくの傷なので、みっともなくてマスクをして生活してました。 しかし、一方で髪が伸びてぐるんぐるんして来てしまいました。 散...
Causerie

自分という名の違和感

職場で私の隣の席に座っているのは、25歳くらいの男性。 たいへん仕事ができて、おだやかで、しかもいい男である。 非の打ち所がない。 こんな男に生まれたかったなあ、と毎日思う。 ただ...
Causerie

『異邦人』としての私

カミュ『異邦人』の主人公のムルソーは、母親が死んだのに葬式では涙も見せませんでした。 その後、ムルソーは殺人事件を犯してしまいます。 母の死に対して悲しみの感情を表さなかったことから、裁判で冷酷な人間というレッテルを貼られ、彼は...
Causerie

安倍首相から弁当を買う

ロープウェイを使うと、簡単に山頂近くまで行くことができるのだった。 ロープウェイを下りて、少しだけ歩いて山頂に着いた。 山頂は広場のようになっていて、いくつか出店が出ていた。 お腹が空いた。 もう時間も遅くなったせい...
Causerie

原理主義者としての年末年始

年賀状を自分から出すのはやめてしまってから、10年近くになります。 届いたら返事は出します。 原理主義者としては来ても返事を出さないほうがいいのだと思いますが、穏健派というか中途半端な私は事前に印刷して準備をしています。 ...
Causerie

Mの悲劇

その悲劇は深夜に起こった。 日曜日「m-betsuo」は私とともに千葉の低山ハイキングに出かけた。 ふだんなら戸棚の中で寝る「m-betsuo」だったが、疲れ果ててそのままリュックサックの中で寝てしまったのだった。 ...
Causerie

ゴルフのおわり

会社に入った頃は、誰も彼も彼女もがゴルフをやっていたものでした。 オフィスのゴルフコンペは、あんまり参加者が多いものだから二日に分けて半数ずつ参加したものだった。 無精な私ですら二ヶ月に一度くらいのペースでコースに出ていたもので...
Causerie

ダンス・ダンス・ダンス

ダンスブームらしいですね。 若者は、踊れるのは当たり前のようです。 体育の授業でもダンスが必修科目なのだそうです。 おそろしい。 小学生のときのフォークダンスですらきちんと踊れなかった。 運動会の行進のですら、右手と右足を同時に前...
Causerie

カメラを壊すな!

キグチコヘイ ハ テキ ノ タマ ニ アタリマシタガ、シンデモ ラッパ ヲ クチカラ ハナシマセンデシタ 「尋常小学校 修身書」 秋の日曜日、房総半島の鋸山にスタンプラリーマスターことZABAさんと行ってきました。 登...
Causerie

低山についてとりあえず

今日は低山に登りました。 何事もないかと思いきや、ひどい目に遭いました。 油断大敵、という言葉を身にしみて感じました。 さらにその反省会で飲み過ぎてしまいました。 そのせいでブログも書けず。 すみません。 ...
スポンサーリンク