自分という名の違和感

職場で私の隣の席に座っているのは、25歳くらいの男性。

たいへん仕事ができて、おだやかで、しかもいい男である。

非の打ち所がない。

こんな男に生まれたかったなあ、と毎日思う。

ただひとつだけ、気になることがある。

「自分」についてだ。

彼は言う。

「自分がやりますから」

「自分はこれを知りませんでした」

「自分、不器用なんで」

すみません。

最後は嘘です。

しかし、「私」とは言わずに「自分」というのはなぜだろう。

若者には「自分」という人が多くなった気がする。

自分には「自分」というと、高倉健か軍隊かYさん(礼儀正しい知人)しか思い出せないのだ。

かっこいいような気もしないでもないが、やはり違和感はあるな。

まあ、そういうところを含めてもトータルでいい男なので許すが。