比喩

競馬が人生の比喩なのではない。人生が競馬の比喩なのだ。

寺山修司の名言をこのように記憶していたのだが、調べてみると正しくは次のとおりらしい。

だが、私は必ずしも「競馬は人生の比喩だ」とは思っていない。その逆に「人生が競馬の比喩だ」と思っているのである。

今後、原典を確認することにしたい。

ラジオでこんな歌が流れていた。

あなたを思い出す この店に来るたび

坂を上(のぼ)ってきょうも ひとり来てしまった

山手のドルフィンは 静かなレストラン

晴れた午後には 遠く三浦岬もみえる

ソーダ水の中を 貨物船がとおる

小さなアワも 恋のように消えていった

「海を見ていた午後」荒井由実

ふつうは「アワ」と「恋」は逆にするだろう。

「小さな恋は アワのように消えていった」というように。

寺山の「比喩」と同じように、ふつうの比喩が見事に反転されている。

何度もこの歌を聴いてきたが、今さらこんなことに気がついた。

才能あるものは、簡単にこんな曲芸めいたことをする。

才能ないものはまねしないほうがいいのだろうなあ。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる