TV(ストレンジ)ピープル

私が子どもの頃、家にあったテレビは当然のことながらチャンネルが回転式だった。

チャンネルを変えるときは、チャンネルを変えるための「つまみ」をがちゃがちゃと「ひねる」のである。

当然、リモコンなんてものはなかった。

子どもの頃の私は、チャンネルを神経症的に変えまくっていた(現在もザッパーとして継続中)。

それが原因だと思うけれど、チャンネルのつまみに不具合が生じた。

4チャンネル(日本テレビ)が3チャンネルと4チャンネルの間じゃないと映らなくなってしまったのである。

それでどうしたかというと、テレビの足(というものが存在した)からチャンネルにかけてひもを回して、テンションをかけて3チャンネルと4チャンネルのあいだでつまみが止まるようにしたのだった。

家でそれができるのは私と母親だけだったので、たいへん重宝がられた。

家で重宝されたのは、たぶんそのときだけである。

 

性に目覚めた頃、ベストテン番組に出ている女性歌手のミニスカートの中が覗けないものかと、テレビの真下からテレビを見たことがある。

なぜ見えないのか不思議だった。

そんな過去は消してしまいたいが、酒に酔って家に帰ってきたときテレビを見ると、現代ならひょっとすると見えるかもしれない、といまだに試したくなる誘惑に駆られるときもある。

大人なのでこらえるが。

ていうか、いつになったらそういうテレビができるのだろうか。

4Kとか8Kなんかいらない。

あ、VRっていうのはその線から発達して来たのか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる