栄光への架け橋

今日は中山競馬場に行って来ました。

来週は有馬記念ですが、大変な混雑をするのでとても行く気にはなりません。

場内の通行規制も行う予定だとか。

その前に今年の「現場での戦い」を終えることにしたのです。

自宅のテレビで観戦し、パソコンで馬券を買う方がもちろん楽です。

交通費や指定席代など余計なお金もかからないし。

しかし、楽だけではだめになってしまう(すでにもうだめなわけだが)。

自分と同じように競馬をやっている人たちがたくさんいる、と言うことを再確認するだけでも行く意味はあります。

それが馬券に勝つことにつながるかどうかは別として。

中山のメインレース「ディセンバーステークス」が終わった瞬間に虹が架かりました。

競馬でいくら負けようとこれを見ることができただけで充分だ、と思いました。

ええ、思いましたとも。

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる