さよなら、夏競馬

9月1日の日曜日、新潟競馬場で新潟記念を見に行くことにしていました。

今回、指定席が取れないまま前日17時を迎えようとしていました。

最悪の場合は朝3時に現地に入り、並ぶしかないかなと考えていました。

ところがネットを見ていたら、16時55分にS指定席に空きが出て確保に成功。

よかった。

おかげでゆっくりお酒が飲めました。

 

日曜日、新潟競馬場の最終レースは1000メートルの直線レース。

ファンファーレが鳴ると、期せずして観客から拍手が鳴りました。

夏競馬のフィナーレです。

新潟には毎年来ていますが、新潟記念の日に来るのはたぶん初めて。

ゆく夏を惜しむ人々。

少しうるっときました。

競馬ですか?

もちろん、負けましたよ。

これは巡礼ですから。

お布施ですから。

宗教なんですから。

 

終わったあと、パドックで土屋太鳳さんのトークショーがあるというので気にはなったのですが、遠いので帰路につきました。

首都圏まで来るまでノンストップで帰ろう、という目論見でした。

しかし運転をはじめて2時間半を過ぎて日も暮れてくると、頭と身体がばらばらになる不思議な感覚に陥ってきました。

これは疲れてるな。

ふだんの新潟遠征ではタフな笑顔の仲間たちとの駄トークなどで気分転換もできますが、ひとりではなかなかそうもいかない。

こういうときに事故を起こすに違いありません。

昔は夜の運転なんか、何時間でも平気だったのになあ。

寄る年波。

サービスエリアで食事をとりながら、ゆっくり休憩しました。

なんとかよたよたしながら、無事帰還。

夏の忘れ物はまだ置きっぱなしのような気がしていますが。