魚沼の里でスノーシューに挑んでみた

1月の越後湯沢合宿のつづき。

あわせて読みたい
蕎麦マスターと行く越後冬の旅
蕎麦マスターと行く越後冬の旅毎年の恒例行事となっている冬の越後合宿。もともとはスキーをやりに行っていたのですが、年齢のせいなのかいつしか誰もやらなくなってしまいました。スキーをやらずに...

最終日は、例によって「魚沼の里」に出かけました。

http://www.uonuma-no-sato.jp

今回は新企画。

人生初のスノーシューにチャレンジです。

http://www.uonuma-no-sato.jp/info-event/スノーシューハイク2019のご案内.html

前日までの激しい雪。

当日の朝もかなり降って本当に歩けるのか?と泣き言を言いながら魚沼の里に向かいました。

しかし、到着すると意外と小やみになってきました。

 

スノーシューとはこういったもの。

もちろんレンタルです。

ストック、ウェア、手袋もレンタルできます。

帽子とサングラスを持参すれば参加できます。

 

ガイドは飯田千香子(チッカ)さん。

スノボでワールドカップに出られたこともあるすごい方。

現在は夏は庭師、冬はこういったガイドをされています。

chicka
越後湯沢 | オフィスチッカ | 登山ガイド日本山岳ガイド協会公認登山ガイド飯田千香子がご案内するガイドツアーです。苗場山/谷川岳/至仏山や冬のスノーシューツアーなど開催しております。オフィスチッカまでお...

人生の楽しみ方として、すばらしいなあと思います。

 

さて、われわれ三人と女性二人、それにチッカさんで出発です。

意外とスノーシューを履くのに手こずる。

そうこうしているうちに晴れ間も出てきました。

レンズに水滴があることに途中まで気がつきませんでした。

女子に比べてわれわれ男子はウェイトオーバー。

ずぼずぼはまって歩けない。

スキーをしていても、こんなところにはなかなか来ることできないです。

森の中にも侵入。

木の先端にも届きそう。

 

雪でテーブルを作り、お茶をしました。

 

なかなか写真を撮れませんでしたが、これはおもしろかった。

運動不足のわれわれは少しきつかったけど、何とか許容範囲。

お弁当が出る半日コースも行きたいですが、日程が合わないかなあ。

また来年でしょうか。

 

運動のあとは、魚沼の里に新たにできたこちらに。

あわせて読みたい
猿倉山ビール醸造所 | 魚沼の里
猿倉山ビール醸造所 | 魚沼の里魚沼の里の高台にあるクラフトビール「ライディーンビール」の醸造所。ガラス越しに醸造タンクをご覧いただけます。施設内にはビアバー、ベーカリー、リカーショップを併設...

 

ZABAさん、TODOさんは召し上がっていました。

ドライバーの私はがまんです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる