競馬場参戦時の装備

中山競馬場に生ビールを飲みに行った話を書きました。

あわせて読みたい
中山競馬場にビールを飲みに行く
中山競馬場にビールを飲みに行くお彼岸の中日である秋分の日、信心深さが足りない私はZABAさん、TODOさんに誘われ中山競馬場に向かいました。中山競馬場のメインレースは「産経賞オールカマー(GⅡ)」...

当日はビールを買うついでに、馬券も買いました。

最近ようやく競馬場に行く際の装備が固まってきたので、さらしてみます。

1 バックパック

MAMMUTのセオンシャトル22。

[amazonjs asin=”B01N59RQ29″ locale=”JP” title=”マムートMAMMUT (マムート) セオン トランスポーター 26L Seon Transporter black”]

通勤にも使っています。

競馬場に行くのも仕事です。

2 MacBookpro15

Parallelsをインストールして、仮想環境でWindows10を動かしています。

予想には「JRA-VAN NEXT」を使っています。

 

3 充電器

Anker PowerPort I PD。

[amazonjs asin=”B072KBG9W4″ locale=”JP” title=”Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ【Power Delivery対応 60W 5ポート USB-C急速充電器】 iPhone X / 8 / 8 Plus、MacBook、Galaxy S9、Xperia XZ1、その他Android各種対応(ブラック)”]

ふだんは家で使っています。

ipadなどとmacbookが同時に充電できるので、便利。

 

4 充電コード(USB-C、Lightningそれぞれ)

 

5 モバイルバッテリー

RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリー。

[amazonjs asin=”B0713ZKQWG” locale=”JP” title=”USB-C 充電器 RAVPower 20100mAh Type-C USBハブ モバイルバッテリー ( PD対応 Type-Cケーブル付 USB3.0 データ転送可能) MacBook / Zenbook / Matebook / XPS / スマホ など対応 RP-PB059″]

Amazonのタイムセールで購入しました。

ごつくてでかいので、ふだんは持ち歩く気にもなりません。

ipadやiphoneを充電するにはもっと小さなもので充分。

一応出力が30Wなので、MacBookpro15をなんとか動かすことができます。

 

今回は指定席に入る前提でしたが、すでに満席で入れませんでした。

競馬場の指定席は無線LANが使用できます。

今回確保した一般席は屋外でしたが、指定席と近かったので無線LANの電波を拾えました。

しかし問題は電源の確保です。

指定席では各席にコンセントがついていますが、屋外の一般席にはもちろんコンセントはありません。

9時すぎくらいからMacBookproで予想し始めましたが、午後2時過ぎにはバッテリーの残量が6%になってしまいました。

ここで念のため持ってきたモバイルバッテリーが活躍する場面が来るとは。

モバイルバッテリーをつなげるとMacbookを使用している間はバッテリー残量は増えませんでしたが、減ることもなく使い続けることができました。

使わない時間の間に、バッテリー残量は数%上昇しました。

おかげで最終レースまでバッテリー切れを起こさずにすみました。

逆にバッテリー切れしてくれた方がよかったかもしれませんが。

 

6 ipad

 

7 iphone

 

8 サコッシュ

現金を入れておく「競馬用財布」として使います。

ipadとマークシートを塗り塗りするペンを入れてあります。

競馬用財布と本物の財布は分けておかなければいけません。

そうしないと、だらしない私は確実に予算をオーバーして馬券を買うことになってしまうからです。

朝、今日使う分のお金をサコッシュに入れておくのです。

P1011400

 

9 ターフィーのマークシート用ペン

 

さて今回の成績は、めずらしいことにプラス収支でした。

ビール飲んで冷静な予想ができなかったせいなのか。

なら、いつも飲んだくれている方がいいのか。

P1011389

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる