HIDにこだわる

最近、パーソナルコンピュータと向き合うにあたり、とっても気にするようになったことがあります。

ヒューマン・インターフェイス・デバイス(HID)。

たとえばキーボードとかマウスといったものです。

以前は、コンピュータ本体にしか興味がありませんでしたが、ここのところHIDへのこだわりが増幅され、散財地獄に落ちています。

私というアナログな存在がコンピュータというデジタルな存在に入り込まなくてはいけないとき、HIDはとても重要なのです。

この部分がうまくいっていないので、肩こりや腰痛を発症してしまうのではないか。

映画「マトリックス」のようなインターフェイスが理想なのかもしれませんが、あのようなことがシンギュラリティが起こると予言されている2045年までに実現するのか?

私にはよくわからないので、とりあえず現在市販されているもので、ちょっとだけ贅沢してみようと考えています。

まずはマウスから行ってみましょう。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる