Roam Researchに期待してしまう

本を読む。

映画を見る。

絵を見る。

ちょくちょくやっていることだが、私はいつも残念に感じています。

どんな本も映画も絵も、先行作品から何かしらを受け継いでいると同時に、同時代の作品間で共鳴している。

その関係性を知れば、もっと深く楽しめるはず。

しかし、私はそれらの作品をスタンドアローンとしてしか受容できない。

頭が悪いから。

さびしい。

高橋ヨシキさんや町山智浩さんの映画評などをきいていると、どこまで話が連関していくんだろう、と呆然としてしまう。

このシーンは○○の引用です、みたいなことを言ってみたいじゃないですか。

うらやましい。

頭が悪いので、ツールで何とかならないか。

以前、Scrapboxを使っていたことがありました。

言葉をリンクさせていくことができるツールです。

コンセプトはすてきなのだが、なんとなく書く喜びがわいてこない。

これは好き嫌いの話で、私には合わなかっただけ。

最近、「Roam Reserach』というツールが出現しました。

私はアウトライナーが好きなので、違和感がありません。

Scrapbox同様に言葉がリンクさせられる。

脳内の神経が延びて新しいつながりができるように、ノートとノートがつながっていきます。

こういうツールがあると、関係のないように見えたものがいつのまにかつながって、知的発見ができそうです。

すっかり頭が悪くなってしまったので、もうすこし知的レベルを保てるようにしたいのですが、続くでしょうか。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる