クッション遍歴

数年前から腰痛がひどくなりました。

椅子を替えるなどの対処はしているが、腰痛対策で一番多く試してきたグッズはクッションです。

若い頃は、ふつうの牧歌的な座布団を使っていました。

しかし姿勢が悪いせいもあり、若くなくなったら腰痛が出てきました。

塩澤先生が奨めるので、アーユルチェアーの座椅子を使っていたこともありました。

いかにも腰痛が治りそうですが、お尻が痛くて、自分にはあわなかったなあ。

アーユルチェアーに替えてしまう方が効果的かもしれません。

最近まで使っていたのがバックジョイのリリーフクッション。

なんとなく姿勢を正される感じがして、ずっと使っていた。

Amazonさんによれば、お客さまは2013年の6月7日に注文されたのだそうだ。

あいだに3年近い休職期間があるが、それにしても実働4年は使っていたのです。

しかし、ここのところの腰痛の悪化ぶりときたらどうしようもない。

ふつうに歩いていても腰が痛くて、ただでさえ歩きづらいというのには辟易します。

そこで最近導入したのが、IKSTARのクッション。

Amazonのタイムセールで買ってみたのですが、実はそんなに期待はしていなかった。

ところが実際に座ってみると、これはよい。

柔らかいので、かえって身体に悪そうな気がしますがそんなことはなくて、よく考えられています。

お尻の腰に近い部分がぐんと沈むことで、背筋がすっと伸びます。

自然に椅子の背もたれに背中がくっつくということは、姿勢が正されているということでしょう。

おかげで腰痛もだいぶよくなってきました。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる