間違いだらけのテンキー選び

ここのところ、コンピュータの入力機器(HID)にやけにこだわりを見せています。

職場のWindowsPCで使うテンキーも替えてみようと思い立ちました。

業務では電卓の作業も多いのですが、数字の入力作業がそれにまして多いのです。

従来使っていたのは、ロジクールのワイヤレステンキー。

不満点はTabキーと00キーがないこと。

職場のPCはBluetoothが使えないので、従来型のドングルを使うワイヤレスのものから選ぶ必要がある。

悩んだ結果、エレコムやサンワサプライといった有名どころを差し置いて、あえてあまり知らないミヨシのワイヤレステンキーを選びました。

このテンキーは、Tabキーや00キーがあるのはもちろん、全角↔半角やかっこなども入力できるのがいい。

よかったはずでした……

実際に使い始めて気がつきました。

電卓と較べて、最下段のキー配列が違いすぎる。

一般的な電卓は最下段は左から「0」「00」「小数点」と並んでいるものが多いようです。

今まで使っていたCanonの電卓もそうだし、こないだ導入したカシオJS-20WKもそうです。

しかし、ミヨシのワイヤレステンキーはなぜか「00」「0」「小数点」の配列。

融通の利かない石頭の私には、テンキーと電卓をバイリンガル的に打ち分けることは無理。

おかげで電卓でもテンキーでも盛大にミスタッチを連発するようになってしまいました。

これではまったく意味がない。

とりあえず従来のテンキーを使ってお茶を濁すのですが、もやもやとしたままです。

「テンキーは電卓とのキー配列が同じものを選ぶべし」

今回得た教訓。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる