プリメインアンプを買い換える

私は意外と音にうるさい、ということにしています。

正確にいうと、音にうるさい風を装っている。

たぶんブラインドテストでオーディオ機器の違いを説明させられたら、もぐもぐ口ごもるでしょう。

そんな私にも、薄型液晶テレビ(10年もの)のスピーカーの音質はあまりに貧弱なので、外付けスピーカーをつないでいます。

Kefの「iQ9」というトールボーイ型のスピーカーです。

CDプレーヤーからの音も流したいので、オンキヨーのプリメインアンプをつないで使っていました。

これらも10年もの。

一番最初にこわれるのはテレビだろうと思っていたのですが、アンプが壊れました。

電源が入らなくなりました。

久し振りにテレビのスピーカーから聞く音は、やはりたいへんさびしい。

修理するのも高くつきそうなので、アンプを取り替えることにしました。

TEACのAI-301DA-SP/B。

オンキヨーのアンプの半分くらいの大きさしかありません。

ついでにスピーカーケーブルも交換しました。

前任のアンプと較べると、Bluetoothが使えるのでSpotifyの音楽も簡単に流せるようになりました。

小さいアンプなのに、軽くトールボーイスピーカーを鳴らしてくれます(というコメントをよく聞くのですが、実はよくわかっていない)。

上を見れば切りがありませんから、これで十分だと思ってます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる