最低

腰が痛くて、身体が重くて、もっと眠っていたいのに午前1時半頃目覚めてしまい、 もう眠れないから困った挙げ句包丁を研いでいるし、職場では午前11時に眠くて眠くてしょうがなく、というより事実上寝ているし、やる気も起こらず、右手は激しく震えるし、便秘だし、馬券は外れてばかりだし、買い物だけはしたくてしたくてたまらなくて、運動する力も残っておらず、仕事はたまる一方で、何かをなさなければならないという焦りだけが大きくなって、本も読めず、映画も見ることができず、誰かと世間話程度も話すこともなく、金もない。

要はどん底の底。

死の感覚というのは、きっとこういう状況と地続きにちがいない、と思った。

5月の終わりから6月をただなんとかやり過ごしていた。

月曜日、眼が覚めたらなぜだか身体が軽くなっていた。

きっかけはなんなんだ。

よく寝るのですよ、という天の啓示のおかげか、夜8時から朝の5時半まで一度も起きることもなくよく寝てしまった。

いや、日曜日に中華料理屋で食べた麻婆豆腐のおかげなのか。

椅子のクッションを変えたせいか。

とにかく、底を打って反転したのだ、と思いたい。

この体調のしっぽをつかまえておかなくちゃ。

だから、朝、さぼっていたヨガをやった。

会社では、たまっていた仕事を少し片付けた。

帰ってきたら疲れの気配を感じたので、またヨガをやった。

明日いい体調ならうれしいが。

いずれにしても、金はない。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる