ApplePencilの使い道

ipad pro10.5を持っています。

ipad proはApplePencilが使えるからすばらしい、という声を聞きApplePencilを買ってみました。

しかしこれと言って使うこともなく数ヶ月たってしまいました。

たまーにいたずら書きの絵を描く程度です。

もったいないぞ。

 

ようやくリハビリ出勤で仕事を少しずつ始めると、何かとメモする機会が増えます。

紙のメモにボールペンで書いていましたが、すぐとっちらかってしまいます。

そういえば、休む前には電話のメモなどがよくなくなったなあ。

当時はキングジムのこんな製品を使っていましたけれど。

[amazonjs asin=”B003U5TM1A” locale=”JP” title=”キングジム 卓上メモ マメモ TM1 ダークグリーン”]

手書きメモをipadにApplePencilで書くことにしました。

仕事のことは純正の「メモ」に書くようにします。

続くかどうか。

 

ApplePencilを使い始めた効果として、フリック入力が楽になったことがあります。

手首がほとんど固定されているせいかもしれません。

違うインターフェイスで入力すると、何だか新鮮です。

脳の違う場所が刺激されているような気がするのです。

あわせて読みたい
今さら「mazec」を見直す
今さら「mazec」を見直すオフィスではWindowsパソコンが支給されています。しかし、セキュリティの関係でインターネットに繋げづらい(繋げることができないわけではないが、時間がかかる)ので、...

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる